読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落1000コンボ

いまさらパズドラを始めてみようと思った貴方に捧ぐ

いまさら始めるパズドラ よくわかる「ドロップ変換系スキル」

盤面のドロップを変換するスキルには以下の様なタイプがあります。

  • 属性変換系
  • 「陣」系
  • 固定位置設置系
  • ランダム生成系
  • ドロップリフレッシュ系

同じように見えてもそれぞれ微妙な違いがあるので、そこを詳しく解説します。

属性変換系

文字通り、特定の属性を別の属性に変換します。

「陣」系

盤面全体を指定の属性のみに変換します。元々あるドロップの属性は無視され、新たに配置が上書きされます。

指定色は必ず各色3個以上生成されます。残りのドロップは指定色からランダムで抽選されるので変換後の色数が大幅に偏る場合もあります。

闇カーリーのオールドロップチェンジは回復含む6属性の陣スキルなので18個は固定されることになり、5x4盤面のダンジョンで使うと盤面でランダムな色に変化するのは2個のみということになります。

ただし、ドロップがロックされているとその場所は変換できないので3個に満たない可能性があります。

固定位置設置系

下一列や右一列など、特定の場所を指定のドロップに変換します。

ランダム生成系

指定色のドロップをランダムな場所に規定の個数生成します。生成される属性と同じ属性のドロップは対象にならないので必ず規定の個数増えることになります。ただし、ランダムに選ばれたドロップがロックされていた場合は生成に失敗します。

 

以上がドロップ変換系スキルです。ロックされているドロップは変換できないということと、暗闇・強化状態は変換後にも引き継がれるという特徴があります。

ドロップリフレッシュ系

共通で「ドロップをランダムで入れ替える」という説明文になっています。このスキルに限ってはドロップ変換という扱いではなく、「盤面を全消しして新たにドロップを降らせる」という効果になっています。

ロックされているドロップも強制的に消え、暗闇・強化状態も完全に解除されます。

変換スキルとは違い降った後に3つ以上繋がればドロップは消え、攻撃が発生します。ただしドロップが消えてもターンが敵に移ることはありません。