読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落1000コンボ

いまさらパズドラを始めてみようと思った貴方に捧ぐ

いまさら始めるパズドラ 制限・特殊ダンジョンのルール

パズドラには通常とは違うルールのダンジョンが存在しています。簡単にルールと攻略ポイントの解説をしていきます。

特殊なルールがあるダンジョンの場合、ダンジョン名のパネルが青か紫になっています。フレンドを選択した後、「挑戦する」ボタンを押す画面で上部にルールが表示されているので必ず確認してください。

特殊ルールが盤面関連だけの場合、パネルの色は茶か緑のままです。その場合はダンジョン名に「回復なし」「5x4マス」などの表記があるので見落とさないようにしましょう。

特定のドロップが出現しない

1色だけ出現しない場合は「(属性)無し」、2属性が出現しない場合は「3色限定」などと表記されています。初期配置や自然に降ってくるドロップには絶対に制限されたドロップは含まれなくなります。

スキルの変換で制限ドロップを作り出すことは可能です。また、新インド神シリーズなどがもつ特定属性のドロップが落ちやすくなる「目覚め」系スキルを落ちてこないドロップに対して使用すると均等には若干及ばないものの、降ってくるようになります。

特殊盤面 「5x4マス」「7x6マス」

通常6x5マスの盤面が縦横に1マスずつ小さく、もしくは大きくなるダンジョンです。7x6マスのルールはドロップが小さくなって少し操作が難しくなる代わりにドロップの量が増えるので特定の色が無くてLSが発動できないというケースがほぼ無くなり、コンボ系は偶然の落ちコンも含めて大コンボが決まりやすくどちらかといえば難易度は6x5マスよりも低くなる傾向にあります。

逆に5x4マスは操作こそ楽になるもののドロップ量が少なすぎるためコンボがほとんど組めず、難易度はケタ違いに上昇します。超地獄級のダンジョンを5x4マスにリニューアルすると地獄級という表記になることからもお分かりいただけることでしょう。

リーダースキル無効

文字通りです。テクニカルダンジョンの「封印の塔」のみで、これから他に出現することも無いと思われます。

コスト・レア度制限ダンジョン

パーティ全員が指定のコスト・レア度以下である必要があります。フレンドも制限対象なので、入場可能なモンスターを出している人を見つけることが非常に難しい状態です。ほとんどのダンジョンのボスモンスターは別の無制限ダンジョンでも獲得可能になっているので、モンスターが欲しいだけならそちらでゲットしましょう。

パーティの構成によってはフレンド抜きでクリアすることもできます。フレンド選択画面の一番下にある「助っ人なしで挑む」を選べばOKです。

タイプ制限ダンジョン

パーティは表示されているタイプを含んだモンスターだけで構成されている必要があります。フレンドも制限対象です。モンスターは最大3種のタイプを所持していますが、どれか1つでもダンジョンのルールに一致していればOKです。「体力悪魔限定」というダンジョンであれば「体力+マシン」というモンスターや「神+悪魔」というモンスターも入場可能です。

全属性必須

火・水・木・光・闇の5属性を全て含んだパーティである必要があります。主属性と副属性、フレンドも合わせて最大12枠の属性を持っていますが、その中に最低1つでも含まれていればOKです。極端な例としては「火/火」「火/火」「火/火」「火/火」「水/木」「光/闇」といったような偏ったパーティでもOKです。

主属性をダンジョンボスの弱点属性で固め、副属性で残りの属性を埋めて条件を満たすと有利な戦いができるはずです。

同キャラ禁止

先日のアップデートでルールが緩和されています。

以前はフレンドも含めて同キャラ禁止でしたが、新ルールではフレンドは制限対象外になっています。つまり、いつものように同キャラのリーダーによるパーティを組むことができます。

同キャラとは完全に同じイラストのキャラを意味します。つまり、進化前と進化後、究極進化の分岐違いなどは全て別キャラと判断されます。

覚醒無効

文字通り覚醒スキルと潜在覚醒スキルが全て無効化されます。強敵が出現するダンジョンに設定されていることもあり、思ったよりもかなり厳しいルールです。

スキルブーストが無く全員0ターン状態からのスタートなのでターンの長いスキルは使いづらいです。2体攻撃が封印されているので火力を2体攻撃に頼っているパーティはほぼ役立たずになります。もちろん敵からの妨害系スキルは全て食らうしかありません。

一番厳しいのは操作時間延長の状態に慣れてしまった人ではないでしょうか。初期の4秒に戻されてしまうのでまともにコンボが組めない可能性があります。

特殊ダンジョン レベル1からスタート

現在、紫のパネルになっている特殊ダンジョンは全てこのルールです。モンスターは全てレベル1の状態でスタートし、敵を倒すたびに敵から経験値を貰う形でレベルアップする仕組みです。レベルアップは同時に出現している敵を全て倒し、次の敵に向かうタイミングになります。

  • 倒した敵と同じ属性のモンスターは貰える経験値が1.5倍
  • コストが少ないモンスターほど貰える経験値に高い倍率がかかる
  • ダンジョン内では育てていたレベルを超えてレベルアップできる
  • レベルアップで増えた最大HP分は回復する

以上のようなルールになっています。通常のダンジョンには連れていけないような、進化させたばかりのレベル1モンスターでもこのダンジョンに限っては他のモンスターと同等の働きを見せてくれるということです。

高コストのモンスターはボス到達時に30レベルにも達していないということもあります。出現する雑魚の属性がランダムの場合、敵の攻撃に耐えられるHPがその時点であるのか無いのかわからないということでもあり、難易度は非常に高くなっています。

レベルに関係なくステータスを上げられる「プラス」を可能な限り多く振っておくことがクリアへの近道になることは間違いありません。

 

レベル1落第英雄の異世界攻略 (電撃文庫)

レベル1落第英雄の異世界攻略 (電撃文庫)