読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落1000コンボ

いまさらパズドラを始めてみようと思った貴方に捧ぐ

いまさら始めるパズドラ 魔法石の使い道

今回は魔法石はどう使っていくのが正しいのかを解説します。

  • レアガチャを引く
  • モンスターBOXを拡張する
  • スタミナを回復する
  • ダンジョン内でコンティニューする
  • フレンド数を拡張する

以上の5つになります。

レアガチャを引く

メインの用途です。当然ながらゴッドフェス期間中以外は引いてはいけません。フェス対象のシリーズが特に欲しくない場合はスルーする勇気も必要です。

フェス期間中も通常時から開催されている特定属性キャラの排出率が上がる「カーニバル」も同時に有効なので、特定属性に偏らせたパーティを使う場合はチャンスです。

フェス限キャラが欲しい場合はイベント数回に一度来るフェス限定キャラの排出率アップ「超絶x4(以上)」期間まで石を温存してもいいでしょう。

モンスターBOXを拡張する

初心者のうちはこまめに整理してボックスを節約すれば拡張しなくてもいい、その分レアガチャを回したいと考える人が多いと思います。実はこれが落とし穴なんです。

ボックス拡張はランクが30でも500でも1000超えでも魔法石1つにつき5枠という効果は変わりません。我慢を重ねていよいよどうにもならなくなってから渋々拡張するのも、早いうちにさっさと拡張して余裕をもってプレイするのも最終的に使う魔法石は同じです。

特にやらかしがちなのがボックスを圧迫する進化素材を売り飛ばしてしまった後で必要になってスタミナを使ってまた取りにいくというパターン。非常にもったいないです。

足りなくなったら迷わず拡張していくことをオススメします。

スタミナを回復する

こちらはBOXと違って現ランクのスタミナ最大値分を回復するので高ランクになるほど1つの魔法石から受けられる恩恵が大きいことになります。つまり序盤ではあまりやるべきではありません。ダンジョンの経験値を事前に調べ、ランクアップによるスタミナ回復をうまく使っていくことが重要になります。

コンティニューする

これは絶対やってはいけないことです。昔はゼウスなどコンティニューを前提としてでも取りに行くべきキャラが存在しましたが、今はそのようなキャラは居ません。

コンティニューしていい状況があるとすればゲームオーバーの前に絶対欲しかったレアキャラがドロップしていたという場合に限ります。

事前にダンジョンデータを調べ、確実にクリアできるという確信が無い場合はそのダンジョンに入ることを諦めましょう。

フレンド枠の拡張

これも序盤では必要ありません。メインで使っているキャラが合致しないフレンドや数日ログインが無いフレンドはさっさと解除してしまいましょう。自分のフレンド枠が最大まで埋まっている場合、他プレイヤーからのフレンド申請を自動的に拒否する仕様なので常に1枠は空けておきたいところです。

 

以上、魔法石の使い方についてサラっとまとめてみました。

無課金前提の解説ではありますが、基本を抑えて「もったいない」行動さえしなければたっぷり楽しむために課金するのは何も問題ありません。