読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落1000コンボ

いまさらパズドラを始めてみようと思った貴方に捧ぐ

いまさら始めるパズドラ データ引き継ぎの方法

月末で仕事が忙しい時期にスマホを落として壊すというミスをしてしまい、更新が滞っています。せっかくなのでパズドラのデータ引き継ぎについて書いておこうと思います。

データ引き継ぎには基本的に2つの方法があります。それは「アカウントの紐付け」もしくは「機種変コードの利用」となります。それぞれの方法について分けて書きます。

アカウントとの紐付け

利用しているスマホのアカウント、つまりandroidならgoogleアカウント、iPhoneならappleIDにパズドラのIDを連動させるやり方です。筆者はandroidスマホを使っているのでgoogleアカウント連動について書きます。

オプションメニューの「ユーザー情報」から「ゲームデータ引き継ぎ」を選択し、設定をしますか?で「はい」を選ぶとゲームデータが登録されます。

この作業は最初に一度でもやっておけば常に最新のデータで引き継ぎが可能になるので以降には必要ありません。逆に言えば、この機能を使ってガチャを引く前の状態に戻すなどといったことも不可能です。

新しいスマホ同じgoogleアカウントを設定後パズドラをインストールし、名前を決める画面で下にある引き継ぎを選んで認証すればデータが復活します。この際にパズドラのID(9ケタの数字)も必要になるので必ず引き継ぎ前にメモしておきましょう。

iPhoneを使っている人はiCloudへのバックアップ&復元がこれにあたる作業となります。

機種変コードの利用

オプションメニューから「機種変更」→「機種変コードを発行」を選び、発行ボタンを押すと機種変コードがゲーム内メールで送信されます。

これを新規開始画面の機種変コード入力欄に入れれば引き継ぎが完了します。こちらもパズドラIDは必要になるのでメモは忘れずに。

こちらはgoogleアカウントが違っても、iPhoneKindleに移行しても使うことができます。ただし引き継ぎ後一ヶ月は機種変コードが発行できません。

自分のスマホを修理中の代替え機に移行して、修理が終わって返そうとしたらデータが戻せない…なんてことにならないように注意しましょう。

パズドラレーダーの移行

パズドラレーダーは上記のパズドラ本体データの復活作業後にインストールして連動の手順をもう一度やればOKです。

「アプリのバックアップ」は使えない!

androidのファイルマネージャー系のアプリでバックアップ機能がついているものがありますが、これでバックアップしたデータでは引き継ぎはできません。

これはアプリ本体のデータをコピーするだけで、いわゆるセーブデータは含まれません。古いバージョンのアプリに戻したいときに使う機能です。最新のアプリでないとログインできないパズドラほかソーシャル要素があるゲームでは無意味といえます。

PCにandroidのソフト開発環境を作り、デバッグモードでバックアップを取る手法はセーブデータも含まれるので有効ですが、これは初心者向けとはかけ離れた内容になるので割愛させていただきます。