読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落1000コンボ

いまさらパズドラを始めてみようと思った貴方に捧ぐ

いまさら始めるパズドラ おすすめパーティー紹介 覚醒パンドラ編

MPで購入するモンポ龍が猛威を振るっていますが、覚醒パンドラはガチャ限でその最前線に割り込んでいけるモンスターの一人です。闘技場・闘技場2のクリアも可能なので、リーダー性能で言えば確実に上位1割に入るはずです。

覚醒パンドラのリーダー性能

主属性ドロップを4つ消し以上で攻撃力が上昇します。4つ消しで2倍から1つ増えるごとに0.5倍ずつ上昇し、最大倍率は8個消しで4倍になります。このLSは英雄神シリーズに共通するものです。

さらに覚醒進化したことで悪魔タイプの全パラメータを上昇する効果が追加されています。これはHP・攻撃・回復全てが1.25倍(フレンドLSとの合算で1.56倍)されるというものです。

火力はフレのLSと合わせると8個消しで16倍、さらに元の攻撃力が1.56倍になっているので実質25倍となります。これは別分岐の超究極進化(冷刻の冥夜神・パンドラ)で10個消しをしたときの最大倍率と同等なので、2個少ないドロップで同じ25倍が出せる上にHPと回復力の補正まであるということになり、覚醒パンドラのLSがいかに優れているかお分かりいただけると思います。

さらに覚醒パンドラ自身が体力タイプということもあり、パーティーを全員悪魔タイプで揃えるとLSの補正で4万を超えるHPを持ちながら25倍の高火力というパーティーが作れてしまいます。

覚醒パンドラのスキル

木ドロップを闇に、光ドロップを回復に変換します。さらに自分以外のターンが1ターン溜まるヘイスト効果つきです。

最大火力を出すには闇ドロップを常に8個以上確保する必要があるのでパンドラ自身のスキルが非常に重要になってきます。

ヘイスト効果でパーティーのスキルをグルグル回すエンジン役なので、スキルを継承させてもスキル2を使うことは無いでしょう。遅延対策に同スキルか重いスキルをつけるだけでいいと思います。

覚醒パンドラパのサブ

基本的には全員悪魔タイプ持ちで揃えるのがベストです。HP1.56倍の恩恵を無視するならば覚醒パンドラを使う意味がありません。

大量に闇ドロップを供給する必要があるLSなので、闇ドロップ生成スキルを持つモンスターで揃えましょう。もちろんダンジョンによっては一体エンハンスやバインド解除役に入れ替えるなどの工夫は必要です。

覚醒は闇属性強化(列強化)を多く持っているモンスターが相性がいいでしょう。理想のサブは(2体目の)覚醒パンドラ、明智光秀の2体が断トツです。覚醒パンドラがサブにも入ることでスキルの回転率が劇的に上がります。

明智光秀はパンドラと同じく闇と回復を同時に生成するスキルですが、変換元のドロップが違うので盤面の状況に応じてどちらを使うか選ぶことができます。さらに闇ドロップの強化も入るので覚醒のドロップ強化が無いパンドラには完璧なサポートです。

基本戦略

低HPの雑魚は4個消しだけで処理できます。雑魚処理用に2WAY持ちを入れておくと楽になります。

高火力が必要な場面では8個消しを作りますが、横一列で消すことで攻撃力が上がる属性強化の覚醒を大量に持っているので横一列に2個くっつける形での8個消しが基本形となります。

f:id:pd1000:20160427033439p:plain

初めて盤面画像を使ってみますが、こんな形ですね。当然ながら、空いた部分で不要色もコンボで消しておく必要があります。闇ドロップの変換元(次ターンにパンドラを使う場合は木)を残すことも重要です。

(画像はパズドラ 定石メーカーさんで作らせてもらいました。)

L字に飛び出している部分でコンボが組みにくい場合は9個使って

f:id:pd1000:20160427033446p:plain

このような形でもOKです。さらに高火力が必要な場合は

f:id:pd1000:20160427034507p:plain

こんな感じで8個消し+1列を作りましょう。もちろん闇ドロップが余っていれば残りの部分でくっつかないようにあと1セット作っちゃいましょう。

列強化をパンドラ自身が3枚持っているのでフレンドと合わせると6個、つまり一列消しを決めた時点で最低でも60%の上乗せが確定しています。2列を決めれば120%なので25倍のさらに2.2倍の攻撃力になるということですね。もちろんサブの覚醒によっては3倍超えもあります。

ここに載せた消し方は初心者向けの簡単なパターンなので、もっと上を目指したい人は「英雄神 最大火力」で検索してみてください。盤面の個数ごとに最も火力が出るコンボ配置の画像がたくさん見つかると思います。

お手軽で高火力・高HPの覚醒パンドラパ、是非使ってみてください。