読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落1000コンボ

いまさらパズドラを始めてみようと思った貴方に捧ぐ

いまさら始めるパズドラ ハヌマーン降臨!の攻略ポイント

現在何もかもが特殊な降臨ボス、ハヌマーンが初降臨しています。

攻略ポイントをチェックしてみましょう。

いきなり最終決戦開始&いきなり大ピンチ

なんとダンジョンに入った瞬間にボス戦が始まります。

しかも先制で10ターンスキル遅延+99ターン間100万以上のダメージを吸収というイヤガラセの極みのようなボスになっています。そしてそのHPは1000万超え。(超地獄)

同キャラ禁止の制限ダンジョンですが、果たしてそこを制限をする必要があったのか疑問なほどの超難敵といえます。

継承での遅延対策は絶望的か

10ターンの遅延を継承で回避するには10ターン以上のスキルを継承させ、スキル1+10ターン分のスキルブーストが必要になります。これは使いたいスキル持ち以外全員を天狗などのスキブ3以上持ちにして実用的なスキル不足状態で戦うと言っているようなもので、とても現実的ではありません。

つまり、初ターンからスキルを使って戦いたいなら遅延耐性の潜在を大量に積んでいくしかないということになります。というよりも、継承で存在意義が無くなりつつあった遅延耐性に意味を持たせるためのボスを作ったと見たほうが正しいでしょう。

遅延耐性での対策が出来ない場合は10ターンスキル無しでの戦いを覚悟するしかありません。この場合パーティーに必要なのは圧倒的な回復力です。普通に降ってくる回復ドロップだけで毎ターン平均15000程度回復できる必要があります。回復が枯渇したターンにも耐えられるようにHP・回復の両方に補正がかかるLSが理想です。

「100万ダメージ吸収」との戦い

これは個別の攻撃の威力が100万以上ならそのダメージ分がそのまま回復に化けるという意味です。101万ダメージ与えた場合に100万ダメージと1万回復で実質99万ダメージとはならないことに注意しましょう。

個別の攻撃とは各モンスターの主属性と副属性も別として扱われ、属性の相性による半減・倍加を計算「後」のダメージが100万以上か未満かで判断されます。苦手属性なら200万、有利属性なら50万が吸収されるボーダーというわけです。

最近登場した「キラー」覚醒にも要注意です。特定タイプへの攻撃が3倍ダメージになるので有利属性も合わさると20万弱で吸収されてしまいます。ハヌマーンの所持タイプである攻撃・体力キラー持ちは編入しないほうが得策でしょう。

1000万超えのHPを持つのでギガグラ系で削ってからバトル開始といきたいところですが、ギガグラ系スキルも単体ダメージと見なされるので10%削りでも吸収されてしまい、役に立ちません。

余談ですがハヌマーンのスタート時属性は木なので、主属性が水・副属性が火というモンスターでパーティーの攻撃力をほぼ同じに揃え、主属性のダメージが約160万になるように攻撃できれば主80万、副96万x6体で1056万となり理論上はワンパン可能です。

実際にはほぼ不可能に近いので、100万以上与えないように火力調整しながらの耐久戦になります。99ターン耐えて吸収が切れるのを待つ手もありますが、そこまで安定して耐久できるパーティーならば普通に戦っても勝てると思います。

◯◯ダメージ以上吸収の敵と戦う場合、一人だけ火力が飛び抜けているとその一人が吸収ラインを超えないようにする必要があるので他のメンバーが火力を出しにくく不利です。特に2体攻撃の潜在が無し~3枚持ちで混在していると火力差が大きくなりがちです。2体攻撃を軸にしたパーティーは避けたほうが戦いやすいでしょう。

耐久さえできれば楽勝?

初っ端で無茶苦茶なことをやらかしてくれるハヌマーンさんですが、毎ターンの攻撃自体はそこそこ常識的な範囲内で収めてくれています。フローチャートを見てみましょう。数値は超地獄のものです。

(先制) 10ターン遅延 100万ダメージ以上吸収
↓ プラサーダハタパハ 12690ダメージ+回復が5ターン間落ちやすくなる
↓ マイトリークレーシャーハ 16848ダメージ+回復を4個生成
↓ ダルシャナラヤーナーム 14256ダメージ+暗闇
◎ プラマーダドゥフカ 現HPの99%ダメージ
↓ アートマヨーガハ 12960ダメージ+ボスHPが微回復(10%ぐらい)
↓ ナイランタリヤ 17106ダメージ
↓ グルフカルマ 18144ダメージ+1ターン間6コンボ以下吸収
◎に戻る

HPが50%を初めて切ったターンにプラティバンディ(19440ダメージ+1体3ターンバインド)を一度だけ使用します。リーダー・フレンドもバインド対象になります。
HPが30%を切るとプラティシェーダ(20736ダメージ+回復→お邪魔へ変換)を一定確率で使用するようになります。
HPが10%を切ると必ずダウルマナスヤ (38880ダメージ)を使用します。

最初の3ターンは一度きりの行動、後は4つのスキルをグルグルと順番に回す形になります。お気づきかもしれませんが状態異常無効を使ってきません。

スキルが使えるようになるまで耐久できれば威嚇して30%未満の危険地帯で敵にターンを回さずに勝つことができます。

ハヌマーン攻略のためにはスキルに頼らずに耐久できるHPと回復力が必須といえます。もし覚醒アマテラスを持っていたらかなり楽なバトルが展開できると思います。

プラマーダドゥフカは現HPに対しての割合ダメージなのでこのターンでこちらが死ぬことは絶対に無いというところがポイントです。この前のターンにはいくら回復してもHPがミリ残りの状態にされてしまうので、回復はせずなるべくドロップをたくさん消して回復ドロップを確保しましょう。

HP条件で別の行動が割り込むという部分だけは慎重に見極めてください。威嚇してトドメの局面まで追い詰めれば勝ったも同然です。