読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落1000コンボ

いまさらパズドラを始めてみようと思った貴方に捧ぐ

いまさら始めるパズドラ スキル継承システム考察 遅延対策編

既報の通り、継承を行った場合モンスターに毎ターン溜まるスキルのポイントはスキル1+スキル2の合計値が最大となります。

スキル1の天井を超えることが可能になるので、敵のスキル遅延攻撃を受けてもスキル1の必要値以上に溜まっていれば次のターンで即スキル1を使用できます。つまり、今までのスキル遅延攻撃は潜在の遅延耐性たまドラを購入せずとも無効化できてしまうということになります。

適当なスキルを継承するだけでも遅延対策にはなりますが、ターンが短いスキルを継承するとうっかりスキル2まで溜めてしまい、スキル1が発動できなくなることで事故が起こる可能性があります。

絶対に溜まらないほどターンが長いスキルを継承するか、スキル2にもスキル1と同様の効果があるスキルを継承するという2つの手段が考えられます。

同モンスター、同スキルの継承が不可という制限は見当たらないので、カブリの同モンスターが居る場合は同スキルを継承させて遅延対策と割りきってしまうのもアリだと思います。この際、スキル2はスキルレベルが低いほど大きい遅延に耐えられることになるので、妙な話ですがスキル上げが逆効果になってしまいますね。